税理士の対応範囲

遺産遺産の相続に関しては全て税理士が行うということではありません。税理士が行う前の段階と税理士が行う段階をしっかりと理解しておくと、相談するタイミングを取りやすいと思います。相続の発生から遺産分割協議書の作成までの段階では、税理士ではなく弁護士や司法書士、行政書士などが関わるのが一般的です。相続が発生した場合は相続人を確定させる事になり、相続財産の調査を行います。調査が終わると単純承認や相続放棄、限定承認の中から相続方法の決定する事になります。ここまでの流れは主に弁護士が扱うケースが大半を占めております。

その後、遺産分割協議を行い遺産の分割割合が決定した後に遺産分割協議書の作成が行われます。遺産分割協議書の作成は弁護士、司法書士、行政書士が行います。遺産分割協議書がまとまったら、財産の名義変更を行います。不動産の名義変更をすることが主になり、登記の手続きが必要になりますので、司法書士や弁護士に依頼する事になります。遺産分割協議が終り、遺産分割協議書を作成し、相続財産の名義変更が終ったら、ようやく相続税申告に取り掛かりますので、この段階で初めて税理士が担当する事になります。中には行政書士資格を有する税理士もおりますが、タイミング的には相続税の申告前が一般的になります。