相続税申告に強い税理士

相続税申告に強い税理士の選び方として重要になってくるのが相続税申告の経験数です。一年間でどれくらいの量の相続税申告を行っているのかは、相続税申告に強い税理士を選ぶ一つの判断基準になります。相続税申告を専門としている税理士事務所などの場合には、年間で数百件単位で行っている所もあり、その事務所に在籍している税理士の方の場合には、平均しても10件から20件程度の数をこなしております

ホームページ相続税申告には、この経験の部分がもろに反映してしまいます。特にレアな複雑化している土地評価の規定であったり、判断しにくい小規模宅地の適用などもベテランならではの対応をする事ができます。この部分は非常に担当者によって差がでてくる部分になっておりますので、作ってもらった申告書の相続税評価額と納税額の段階で大きく差が開いてしまう事があります。

規模の大きな相続の場合には、数千万円単位で変わってきてしまう事もありますので、しっかりとベテラン税理士に依頼するのがおすすめです。最初に税理士を選んでいる時に、年間で何件くらい相続税申告をしているのかを質問しておくのがおすすめになります。また、スマートフォンを使って公式ホームページなどをチェックするのも重要な情報収集のひとつになります。

▽参考資料▽ソレイユ-相続相談サイト